融資課 職員インタビュー

2011年入庫

大内 聡

name

融資課

親しみやすさ、そして信頼される支店づくりを目指して

仕事内容

営業課を経て、現在は融資業務を行っています。営業担当者からの情報や店頭で受けた相談などを案件にする新規貸出業務や債権の期中管理業務を行っております。営業担当者と一緒にお客さま先に同行訪問をしたり、融資課でもお客さまの新規開拓を行ったりと渉外活動もしております。

入庫のきっかけ

私が就職活動をしていたころは幅広い業界・職種をみており、金融業界以外の会社からも内定をもらっていましたが、元々は金融業界でお客さまの為に働きたいという想いは持っていました。その中でひがしんの人事担当の方のお話を聞き、お客さまや地域との繋がりを大切にしたいという経営理念「縁」に共感を受け、ひがしんに入りたいと思いました。

入庫のきっかけ

仕事のやりがい

毎日、様々な勉強・経験をさせてもらっているので、仕事のやりがいを日々感じています。たくさんの相談案件に携わることができるので、わからない事も多くありますがそれ以上に自分自身の業務の幅が広がったり知識や経験を積めていることにやりがいを感じています。
またお客さまとの会話や提案についても、より的確にスピーディーに対応することが出来るようになってきました。お客さまから感謝されたり信頼された時には仕事の楽しさを感じます。さらに職場の上司やまわりにいる職員の仲が良く雰囲気がいい中で仕事をさせてもらっていることも楽しさの一つだと思っています。

仕事のやりがい

今後の挑戦

私が仕事をしていく中で、“お客さま第一”という言葉をモットーにお客さまにとって何がベストなのかを考え、誰に対しても真摯に向き合うことを心がけています。そのうえで今後は一つ一つの相談案件を確実にスピーディーに効率良くできるようにしたいです。また部下や後輩の成長をしっかりとサポートできる存在になりたいです。

今後の挑戦

ひがしんの自慢!

上司や先輩、同僚たち皆さんが明るく楽しい人が多いところです。また支店長や上司の方には自分の目標になる人がいることです。また福利厚生が充実していて、休みもきちんと取れるところです。時間管理もしっかりしているので退庫時間も早く、残業が少ないところです。さらに入庫前は金融機関といえば堅いイメージがあったのですが、実際はお店の雰囲気や周りの方々の親しみやすさがあり、いい意味で入庫前とのギャップがあったところもひがしんの良さだと思います。

ひがしんの自慢!

1日のスケジュール

8:45
開店準備
9:00
融資課会議
9:30
案件・稟議書作成及び店頭に来店するお客さまの融資相談等
12:30
昼食
13:30
営業同行訪問
16:30
案件・稟議書作成
17:15
(18:45)
退庫
※退庫時間は業務の進行状況によって異なります
カッコ内は業務多忙時です(週2日程度)

就活生へのメッセージ

企業選びをするうえでは、仕事に対しての自分の考えと合っているかをみてほしいなと思います。そして自分から積極的に行動して一つでも多くの企業に足を運んでいろんな事を感じとってもらいたいです。そして最終的に“ひがしん“を選んでもらえたら最高です。

他の職員インタビューを見る

一覧に戻る
ページトップへ