クロストーク

vol1 仕事と子育て -さまざまな働き方-

ひがしんでは、ライフスタイルの変化にも柔軟に対応し、働きやすく、長く活躍し続けることができるような制度を整えています。例えば、育児と仕事の両立を支援するための育児休業ママの会の開催、復職前の研修などの取り組みは、安心して働くことができると職員に好評です。

ひがしんの育児制度

女性職員の育児休業取得率 100%

育児と仕事の両立を支援し、活躍し続けるためにそれぞれのライフステージに合わせた働き方ができるような人事制度になっています。キャリアを中断させることなく働きやすい環境づくりを周りの職員を含め、金庫全体でサポートしています。

育児休業制度

育児休業を取得している職員が常時30名程。お子さんが1歳に達するまでの間取得が可能。条件によっては最長1年6ヵ月取得ができます。今まで延べ200人以上の職員が育児休業を取得しています。

短時間勤務制度

お子さんが小学校始期に達するまでの間取得が可能です。
復職後のそれぞれの生活環境に合わせ育児もサポートできる体制になっています。

その他の育児サポート

所定外労働の免除:申請により時間外勤務が免除されます。

看護休暇:お子さんの病気やけが、予防接種時などに休暇取得が可能です。

育児休業ママの会 「FEEL AT EASE」

ひがしんでは育児休業中の職員を対象に育児に関するお悩みや職場復帰に向けての不安解消を目的に定期的に開催しています。
毎回テーマを決め、お子さん同伴で親睦を深めながら活動しています。

育児休業ママの会の様子1
育児休業ママの会の様子2

クロストーク テーマ「仕事と育児の両立」

「仕事と育児の両立」について語りあう中で、復職に向けた不安や悩みをあげて頂きながら、人事部からもサポート体制や制度についてお話しました。

復職にあたって不安なこと

職員 家事・育児がきちんとできるか不安です。
子供が体調を崩したとき、周りの人に迷惑がかかってしまうのではないかと心配です。

人事部 育児休業取得経験者がたくさんいるのでアドバイスが聞きやすいです。
そして、気持ちを理解してもらえるのでサポートが受けやすい環境があるので安心して働くことができます。

働き方について

職員 周りの方のサポートなしではやっていけないと思うので、常に感謝の気持ちをもって頑張りたいです。
仕事も育児も完璧を目指すのではなく、できる範囲内で頑張りたいと思います。
子供の成長に合わせて働き方を変えていければ無理なくできると思っています。

人事部 お子さんが小さいときは短時間勤務制度を利用して、徐々に生活スタイルに合わせて、勤務時間を通常に戻していくことができます。

復職前に知っておきたいこと

職員 休業中に事務手続きや業務内容が変更になった点があると聞いているので、
ついていけるか不安です。
復職前に研修や勉強会をしてほしいです。
そこで不安や悩み事をみんなで共有できればと思います。
復職者の実際の経験談や一日のタイムスケジュールを知って参考にしたいと思います。

人事部 定期的に育児休業ママの会の開催や復職前に研修形式の集まりがあるので、そこで事前に解消できる不安や悩みはなくすことができます。
実際に復職した先輩職員に参加してもらい生の声を聞いてもらっています。
また毎月、人事部より業務の事やトピックスについて情報発信していますので、休職中も安心して情報収集ができます。

ページトップへ